2018年08月13日

韓国映画「辺山(ピョンサン)」俳優パク・ジョンミンが直接歌い、企画、演出

絡みに絡まったキツイ(?)人生、これ以上絡み始めた!
代理駐車、コンビニなどのアルバイトでキツイ(?!)青春を過ごしていたが、『SHOW ME THE MONEY』6年皆勤する情熱を燃やす無名ラッパーのハクスa.k.aシムポク(パク・ジョンミン)。また予選落ちした人生最悪の瞬間、一本の電話を受けて、忘れたかった故郷辺山に向かう。

辺山 DVD」は何もかも上手くいかない瞬間、初恋のソンミ(キム・ゴウン)の小細工で、恥ずかしい過去がいっぱいある故郷・辺山に強制的に召喚される青年ハクス(パク・ジョンミン)の人生最大の危機を描いた映画だ。主演俳優パク・ジョンミンが直接演出・企画を担当し、作詞、出演、編集、衣装、小道具、ラップ、ダンスなど1人9役をこなした「HERO」のミュージックビデオが公開され話題になっている。マッド・ドッグ DVD

CGVの公式Facebookを通じて公開した「HERO」のミュージックビデオは、「辺山」のラップ音楽プロデューサーを担当したラッパーYankieの所属グループTBNYの2ndアルバムの収録曲をベースに、俳優パク・ジョンミンが「辺山」を念頭において書いたユーモラスなラップ歌詞を加えて再誕生した。歌詞の中で「タイトルが『辺山』と言ったら時代劇なのかと言われた。違うよ、主人公がラップする映画だよ、お前と言ったら皆エミネムの『8 Mile』。おい、だったら主人公として僕をキャスティングしただろう? The QuiettやDok2、Mad Clown、Don Millsをキャスティングしただろう。しらんよ。1959年生まれのジュンイク兄さんを信じて挑戦してみよう。彼がもう一度青春たちに叫ぶ」という歌詞は、「辺山」を巡った誤解に対して正面突破したパク・ジョンミンのウィットとイ・ジュンイク監督に対する信頼を伺うことができ、映画とはまた一味違う愉快さを与える。人狼 DVD

パク・ジョンミンの出演オファーを喜んで受け入れた彼らは、朝早くから夜遅くまで続いた撮影にも関わらず、疲れた表情なしにリップシンクと自由なダンスを披露し、才能を思う存分アピールしながら撮影現場の雰囲気を盛り上げた。それだけではなくパク・ジョンミンと親しい俳優リュ・ドクファンとパク・ジョンミンの父親まで特別カメオ出演し、見る人たちに楽しさを与えている。





Posted by Chikago  at 15:42 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。